2016年 4月16日~17日
東京都 奥多摩にある山のふるさと村
でキャンプしてきましたよ。


その2

13:45 ビジターセンターで受付。
20160418P4160311
キャンプ料金は、大人1人200円です。
結構混んでました!

売店で薪も買いました。500円。
20160418P4160314
長さは40cm~45cmくらいでしょうか。結構長めです。

上の新聞紙の中に、焚付け用の細い薪が入っています。
20160418P4160353
こんな感じ。
この気配りまであって、500円は安いかと。

今回は買いませんでしたが炭もあり、そちらは着火材が付いていました。
この時期はまだ寒いですが、シャワーも無料で利用できます。
低料金でいろいろとサービスが効いてます!さすが東京都立!

このキャンプ場は山の傾斜面にそって作られており、
今回のサイトは一番上だと説明されました。
自動車は兎も角、バイクでも自転車でもサイトへの乗り入れは一切禁止。
サイト脇の仮駐車場へバイクを置いて、荷物を降ろしたら
設営前に500mほど山を下った先の駐車場へ、バイクを置かなくてはいけません。
(自転車でも同じだそうですが、自転車くらいはサイト脇でも良い様な。。。。)


で、そのサイト脇の荷物積み下ろし用の仮駐車場がこれ。
20160419IMG_20160417_073748
この斜面っぷり。。。。

20160419IMG_20160417_073815
オマケに、左右方向の傾斜もかなり急です。
すなわち、2軸方向で傾斜が付いています。

20160419IMG_20160417_081750
空荷でもこの状態の傾きになります。
バイクの前後を逆向きにすると、サイドスタンドで立つことは出来ません。
(写真でいう左側にサイドスタンドをだす向きの場合という事)

というわけで、フルパニアの状態では仮駐車場にとても停められそうにありません。
切り替えして方向転換して・・・と思っても、斜面がきつくて、
荷物満載の重量級TRACERは手押しで坂を登れません。
切り替えし一回だけでも、バイクをコカさないように必死でした。

(ちなみに、上の写真は翌朝の撤収時にバイクを持ってきた際の写真です。)

バイクの押し引きで力む為にちょっと邪魔、と地面にヘルメットを置いたら、
コロコロと置いたそばからヘルメットが転がってしまう始末。
20160418P4190277
そして買ったばかりのヘルメットに傷が入った。。。。。゚(゚´Д`゚)゜。
ぐぬぬぬぬ・・・・。

なんとか切り返しを終えたら、そのまま斜面の下方向に頭を向けて
ギアを一速に入れたまま停車。
それでも結構な下り坂で、苦肉の策ですよ。
20160418P4160312
この状態で荷物を降ろしましたが、いつバイク倒れるかとヒヤヒヤでした。
ここまでで、一汗かきましたよ。(〃´o`)=3 フゥ

で、バイクを駐車場に置きに行きました。
管理等より上のサイトの人は、管理用の車で駐車場からサイトまで
乗っけて行ってくれます。
その際に、先程の薪も運んでもらっちゃいました!

で、サイトに帰ってきたら、とりあえずテント設営の前にお昼ご飯だ!
20160418P4160317
今日はヒサビサにNOVA(灯油燃料仕様)を持ち出してきました!
ポンピングして、灯油をちょびっと出してプレヒート中。

20160418P4160318
そして、何は兎も角お湯を沸かします!

今日のお昼はこれ。
20160418P4160319
これ、山食や非常食用なんですが、賞味期限が五年と長い優れもので、
五年前、試しにこれをひとつだけ買ったんです。
それがいよいよ賞味期限が切れそうだったので、今回意を決して持って来ました。
(値段シールの経年劣化具合が五年の月日を偲ばせるでしょw)
手間が掛からないので、今回のお昼には丁度良かったです。

お湯が沸くのを待つ間にテントを設営しちゃいます。
20160419IMG_20160417_073322
ここはスノコが用意されており、使用は自由です。
また1サイトだけでも、置いてあるスノコはかなりの大きさと枚数があるので、
たいていのテントスタイルに合わせる事が可能だと思いますよ。

また、据付のテーブルとベンチイスが、サイトのレイアウトの
邪魔にならない位置に配置されていて、便利でとてもうれしい♪
20160418P4160324
たいてい、据付のテーブルとイスって使い勝手が悪い上に邪魔な場所にあるんだよな。

まだ設営終えてないけど、カルボナーラできました!
20160418IMG_20160416_143732
スプーンまで付いているのが嬉しかったですね!
味は、想像していたよりもずっと美味しかったですよ。
お湯と付属の粉を混ぜただけなのですが、ちゃんとカルボナーラしてました!

さて、お腹が満たされたら設営を終えちゃいます!
今回はヒサビサにコレを持ち出してきました!
20160418P4160325
ヒマラヤスポーツのオリジナルブランドKERMAのレラ
そんなに高いテントではなく、安い部類に入るテントですが、結溝レア感のあるテントです。
でも、結溝デキが良くいテントなんですよ。
テントの紹介はその3で書きますよ。

15:00 今宵の幕営地の完成♪
20160418P4160331
ここでスマホでもいじろうかな~と見たらが圏外であることが発覚!
じゃあ、もう呑んじゃえって言えるほど、お酒は今回あまり持ってきていない!

ちょっと手持ちぶたさになっちゃった♪

20160418P4160327
ヒマだな・・・否!のんびりすごしてるんだ、ということにします。

20160418P4160328
うーん、しかし天気も微妙だな~(汗

写真だと静かな山間サイトに見えますが、実はサイトの山向こうは奥多摩街道ですので、
バイクの音がひっきりなしに聞こえてます。
みんな!コケんなよ!

あまりにも時間を持て余したので、遊歩道を散歩してみます。
20160418P4160335
道を降りていくと・・・

20160418P4160336
お?なんだこの広場は?


20160418P4160338
山道のこんな階段を降りないと来られない僻地に
何の目的でテーブルとイスがあるんでしょうね?

ただ、脇には奥多摩湖の源流のひとつである川が流れてました。
20160418P4160339
でも、水遊びできるような流れでもないしね。。。
このテーブルセット、当然使われてる形跡はありませんでした。


20160418P4160347
埼玉の平野では葉桜になりかけてる季節ですが、奥多摩は桜が見ごろでした。

さぁ夕飯前にいい汗もかいたので、散歩おしまい。

16:30 
今回は頑張ってケロシンランタンを持ってきたんだよ!
20160418P4160348
今や希少なペトロマックスのストームランタンと、右はオイルランプ。
どちらも燃料をいれたまま輸送すると燃料がダダ漏れしますので、空で持ってきました。
ですので、ここで燃料を入れます。
両方とも灯油で運用します。


点火~~
20160418P4160349
やっぱり、ランプは味があるね~(´∀`*)

20160418P4160356
オイルランプはUCOのマイクロキャンドルに入れて使います。
UCOのマイクロキャンドルのオイルランプ化については、
いずれ記事にする予定です。

これをogawaのコンパクト・ランタンスタンドに掛けて、サイトの灯りとします。
20160418P4160355
うん、いいね~

17:30
いよいよ晩御飯の準備に入ります。
20160418P4160357
着火材を敷いたB6君に、持参した岩手切炭を敷き詰めて・・・・

20160418P4160359
点火!

焚き火もスタートだ!
20160418P4160361

缶詰を暖める傍ら、メインディッシュのお肉を焼き始めます。
20160418P4160363
いやービールが美味しい~~~!
ひゃっほーー。('▽'*)♪


しかし、この肉は引っ付いちゃって、焼きづらいな・・・・
20160418P4160371

あ、フライパンで焼けばいいんだ!♪
20160419P4160373
普段から料理しないので、適切な調理方法も解らないという。。。w



20160418IMG_20160416_181502
いやー、キャンプ楽しいなあー。

20160418P4160375
こうして、夜は更けていき・・・

20160418P4160381
薪は最後の燃えカスまで遊び倒して寝ました。


20160421Screenshot_20160422-130235
この日のルート。

続きます。