2015年 10月9日夜~ 秋のロングツーリングに行って来ました。


その8 10月13日 天橋立観光編
この日は自宅のある埼玉県まで帰る日でもあります。

am 10:15
10150129IMG_0383
せっかくの旅です。
そんなすぐにあせって天橋立へ直行はしませんよ。

写真の丹後天橋立大江山国定公園へやってきました。
ここにある「一字観公園」では、天橋立が横から見られるとのこと。
(ツーリングマップルにも書いてあるよ)

10150129IMG_0386
行ってみると、そこは結溝な高規格なキャンプ場でした。

管理人と思しき年配の男性に「入っても良いですか?」と声をかけると、
平日で暇だったのか色々話掛けられて、結構な時間のロスに・・・。
まあ、旅先でのこういう無駄話は嫌いじゃないのですけどね。
で、ついでに昨夜のキャンプで出たゴミも一式捨てさせて頂きました。
感謝!

では、いよいよ40年ちょっとの人生にして、初の天橋立をば。


10150129IMG_0388
むむむ。
ちょーびみょうな景観。

本日の旅の教訓
天橋立ハ横カラ見ルナ

ちなみに、過去にも
松島ハ海岸カラ見ルナ
という教訓もありました。


ここで何枚か写真撮りましたが、どれもなんとも言えぬ雰囲気でした。



そして、いよいよ山を下りて天橋立付近まで近づきます。

ここで、なぜか有名な「股のぞき」の名所・傘松公園へ行かずに
ちょっとマイナーなこの成相寺へ。
どうして、このチョイスになったのか・・・

それは、ツーリングマップルを見間違えたから。

みなさん地図を見るときは、バイクから降りて落ち着いた状況で確認しましょう。
まあ傘松公園は次回への宿題とします。


その成相寺(なりあい・じ)
10150129IMG_0416
拝観料として500円が必要です。
結果、傘松公園のケーブルカーよりは安く済んだ?かな?


10150129IMG_0420
すばらしい五重の塔があるお寺でした。
ちなみに、ワタクシの御朱印収集は神社のみとしてますので
こちらでは残念ながら御朱印は頂きません。

10150201IMG_0399
こちらは成相寺本体(本堂って言うのかな?)


さて、拝観料(というか、一応名目は駐車場代)を払ったので、
一応拝観したら、一気にお寺裏の山道を駆け上ります。


10150129IMG_0400
結構な急坂ですが、最後までバイクで行けます。
って、途中なんの看板も無かったのでここまで入っちゃったけど良いんだよね?


ということで、天空の回廊こと天橋立をどうぞ。
10150129IMG_0405
すいません。
中途半端な画面なのは、天気が微妙だからなのであって、
私の写真撮影技術にみじんの落ち度は無い。。。はず。。。


さて、月に魅せられアポロを飛ばした米国よろしく
見たらそこへ行きたくなるのは余の人の常。
私も眼前の天橋立へ降りたくなりましてね、行ってみました。

10150129IMG_0422
天橋立、北側の入口(?)です。
案外すんなりここまで入れるんですね。
近くの駐車場に止めて徒歩で、と思ってたので、やや拍子抜けでした。


バイクを停めて歩いて橋立内へ入ってみます。
10150129IMG_0428
おお!良い雰囲気の道になってますねえ。
イイネ!(´∀`*)


10150129IMG_0443
トイレも完備されてるので、散歩やマラソンしてる人も多かったです。

道を外れて・・・
10150129IMG_0439
海岸へ降りてみます。
この写真を撮った私の背中側は、幼稚園が遠足に来ててお弁当食べてました。
日本三景に幼稚園の頃から遠足に来られるなんて、キミたちは幸せ物だのう。


10150129IMG_0442

歩くのが比較的好きな私は、このまま歩き通したい気持ちに駆られましたが、
今日は埼玉まで帰らなければならない日ですし、
時間もこの時点でお昼を過ぎてましたので、残念ですが横断は断念。
(バイク置いてるから、往復しなきゃいけないしね。)
次回は時間かけて往復したいものです。



10150129IMG_0445
また来るよ~、天橋立!


さて、前述しましたが、時刻は正午やや過ぎ。
そして、そろそろここを出ないと埼玉県に着く時刻が不安になります。

が、その前にお昼たべよう。

10150129PA130240
ぱっと目に付いた、先の天橋立入口付近にあったあさり丼屋さん「傘松の里」

もちろん、あさり丼(大盛)
10150129PA130241
うひょひょ、美味しいね。
惜しむらくはワタクシの好みより、ややお米が柔らかかった!


10150129PA130245
お味噌汁にも結構な大きさのアサリが入ってますよ。
ご馳走様でした!
大盛りで900円だったか1000円でした。


お店を出ると、観光船乗り場が目の前でした。
10150129IMG_20151013_123759
この乗り場も雰囲気あっていいね!

さて、出発!
っと国道に出た瞬間、向かいに立派な神社があったのでつい寄っちゃいました。

IMG_20160201_231230
丹後一之宮の元伊勢籠神社。
バイクの駐車でも時間制でお金かかる神社なんて初めてだよ。
なんか、気分悪かったのでお宮の写真もなし。



そのまま、天橋立の内海である阿蘇湾沿いの国道178を走ります。
10150129PA130238
その道すがらにあった天橋立ワイナリーで、お土産ワインを買いました。

10150129PA130239
フルボディの赤白二本セット。
割れないように厳重梱包してもらって、リアパニアに積載です。
(美味しかったよ♪)


そんなこんなと寄り道しながらですが、天橋立の南側までやって来ました。
ここまで来れば高速は近い!
のですが、
北側だけ見て南側を見ないのは、天橋立に礼を欠くというもの!

という訳で。
10150129PA130255
天橋立駅付近をうろうろと。


10150129PA130256
あ、お土産屋さん発見!
会社の人やYSPへもお土産買わなくちゃ!


10150201PA130252
天橋立駅まで記念写真。
さすがに駅中まで見てる、時間的な余裕はなし!

pm 13:30
さあ!名残惜しいけど、いよいよ本当に埼玉へ帰るよ!

20151104Screenshot_2015-10-13-13-39-41
ここからなら、おうちまでほんの600㌔だよ!('A`|||)
今13:30だから、Google先生の言うとおりなら
きっと20:30には家に着くね!

今日は平日なので、夕方の帰宅ラッシュが心配だなあ。。。


pm 13:40  京都縦貫自動車道・宮津天橋立料金所通過。
10150129PA130258

あ、高速に乗る前にガソリン補充するの忘れた!



途中の経路は悩みましたが、通った事のない舞鶴若狭自動車道経由をチョイス。
10150129PA130260
舞鶴若狭道→北陸自動車道→名神高速、という琵琶湖の北岸から抜けるルートです。
上のGoogle先生もその方が近いヨ!って言ってたしね!


pm 14:10  その舞鶴若狭自動車道に入ってすぐの綾部PA
10150201PA130261
今後の進路を確認します。

ここから、残ガソリンとの戦いが始まります・・・・。
マジ、勘弁して。

ひたすら一定のペースで走ることを心がけて。。。

pm 15:35 北陸道の賎ヶ岳SAでやっと給油できました。
10150129PA130266


この時点でのガソリン残量は、と言うと・・・
10150129PA130265
メーター上では「0」でした・・・・。
もちろん給油警告灯は点いてました。
怖かったよ、(´д`;)

あとは、ここまで来たら急いでも仕方ないのでまったりと行きます。
10150129IMG_20151013_160828
pm 16:10 伊吹山PA
う~ん。この時間でまだ滋賀県かよ・・・。
自業自得とはいえ、こりゃあなんともはや、かんともはや。


しかし、心配してた渋滞は特になく

pm 18:30
10150129PA130270

順調に中央道の諏訪湖PAに到着。

10150129IMG_20151013_183404

ホント、ここは行きも帰りも御世話になります。
給油ポイントでもあるしね。

10150129IMG_0451
相変わらず、ここは夜景が綺麗!。
そして標高が高いので寒い寒い!

さて、空腹ではありますが、ここからあと200㌔!
頑張ります!



pm 20:30
10150129IMG_20151013_202830
むむむ、空腹が限界でござる・・・。
ここはどこだったかな。。。談合坂だったかな。
夜ご飯を食べます。


10150129PA130277
お昼のあさり丼がちょっと量不足だったので、殊更美味しい~♪


14fefcb8c75bb4fb8d30a09632077fe2
あ、画像まちがった(w


このシステム、便利ですよね~
10150129PA130274
どこのPAもこうなればいいのにな。


pm 22:00
10150129PA130281
埼玉県の地元インターに無事到着しました!
Google先生!20:30には着かなかったよ!(w

ここから自宅までは30分弱です。

ということで、PM 22:30、無事に自宅に到着しました。

最後はロガーの記録が撮れてなかったので地図表記はありません、残念。

10150129PA130283
出発時 1,787㌔
到着時 4,035㌔
総距離 2,248㌔のツーリングでした。


2015年 ロングツーリング・秋 レポートはこれで終了です。
次はなにを書こうかな。