2017年11月5日
埼玉県 秩父(横瀬町)の武甲山に登ってきました。
標高は1,304mです。

その2


11:00 やっと、やっと頂上到着です!
20171119IMG_0122
翼よ見よ!アレがぶーちち盆地と、ぶーちち山塊と群馬の山々だ!
詳しくは解かんないけどw
雲予報みて、ドピーカンの日を選んだ甲斐がありました、絶景です!



20171119IMG_0117
見て見て!
この景色が全部ボクのものだよ!
実際には、結構人が居たので自撮り恥ずかしかったです。


20171119IMG_0129
人気の山なので、こんな感じで人がいます。
自撮りの時はみんな場所を空けてくれました。
みなさんありがとう。


20171119IMG_0127
山頂の気温は6度。
風もあり、登りで汗ばんだ体が急激に冷やされて寒いです。


20171119IMG_0107
もういっちょ自撮りを。
なかなか決まりました。


20171119IMG_0105
しかし、実際の高さ関係はこんな感じ。
上の写真は片膝付いて、写してます。
後ろの柵の高さからも、なんとなくそのあたりは解るかと。


20171119IMG_0146
11:30
さて、楽しみにしていたヤマご飯ですよ!
標高がそれほどでもないので、お手軽なCBガスにしました。


20171119IMG_0148
お湯を沸かして、レトルトのハンバーグと卵スープ。
それと、朝買うのに一苦労したコンビニおにぎり2個です。
レトルトは美味しいけど、結構温めに時間かかりますな。

こちらの情報によると、この登山で2,000Kcalほど使うようなので、
これだけ食べても、まあ足らないくらいでしょう。
痩せちゃうな、ふひひ。

20171119IMG_0150
まさか、と思って一応準備してきたダウンを着込みました。
それ位寒いです。
ちなみに、今季初ダウンでした。

20171119IMG_0145
1人でお昼を食べてたら、隣におばあちゃんが来て「下る時に食べな」って飴をくれました。
可哀想に見られたんかな。w


20171119IMG_0157
武甲山のトイレです。
冬季は水道管破裂の恐れが有る為、閉鎖されます。
ちなみに雨水を利用しているため、下界から水を汲んできてもらうようお願いがあります。
その場合、神社の裏側に水を入れます。

それと、頂上の展望側はdocomo系MVNOは圏内でしたが、神社側は圏外でした。


20171119IMG_0161
12:20
散々山頂を楽しんだので下山します。


20171119IMG_0165
次回は大持山への縦走も視野に入れたいですね。
何人かですが、向かってる人がいました。



20171119IMG_0192
ちらちらと景観が舞い込んできます。
こういうちょっとした景色でも、雲のない日を選択したことが正解だったと感じます。
ダウンを最初着たまま下り始めたのですが、すぐに暑くなって脱ぎました。
ダウンは小さくなるから便利です。


20171119IMG_0174
足を休める為に、写真を撮りながら降ります。
やはり登りの時よりも、気持ちに余裕があるのは否めません。

20171119IMG_0177
24mm単焦点+PLフィルターの組合せです、
CanonのAPS-Cなんで、24mm×1.6倍で実画角は38.4mmになりますので、まあ広角と言うより、いわゆる標準と言われる画角に近いですかね。


20171119IMG_0207
行きは気づきませんでしたが、水場の看板が。
しかも約2分とあります。
そう言われると、なんだか川のせせらぎの様な音がしますよ。

ちょっと行ってみましょうかね。

20171119IMG_0208
凄く目立たないけど、登山道を示すピンクテープがあります。


20171119IMG_0227
本当に2分位でありました。
山から水が滲み出ている、本当の源流ですね。

20171119IMG_0220
さすがに水は飲みはしませんでしたが、顔は洗いました。
冷たくて気持ちよかったですよ。

20171119IMG_0233
見づらいですが、水が滲み出て流れています。


20171119IMG_0230
それが数メートル下では、もう立派な流れに。
山の偉大さを感じます。


20171119IMG_0237
さて、改めて下りましょう。
あまりゆっくりしてると、帰りが寒くなります。
そのあたりが車登山と違うところですね。


20171119IMG_0243
しかし、登りは急登一本調子で、尾根歩きも下りも無かったので、逆に下りは一気に下る一本調子で、ヒザにだいぶ負担がかかります。
調子にのって飛ばすと危ないです。


20171119IMG_0248
埼玉の平地の紅葉はまだ色付いていない時期でしたが、山では良い頃合いでした。


20171119IMG_0255
誰も居ない事を確認して、こっそり自撮り。
自分で言うのもナニですが、雑誌に載っても良い感じじゃないですか、これ。


20171119IMG_0263
青空に紅葉は良く映えます。


20171119IMG_0265
若い頃は紅葉なんて全然何も感じなかったのに、今は感動する、これが「歳」でしょうか。

20171119IMG_0259
いよいよ、武甲山の下りの見どころもクライマックスを過ぎました。


20171119IMG_0275
あとはこの樹林帯のジグザクの急登道を一気に降りるだけです。
速度は出ますが、ヒザが辛い。
ちょっと油断すると滑ってお尻を付きそうになるし。

20171119IMG_0282
ああ、良くこんな道を黙々と登っていったな。
自分のことながらすごいな、と思いました。
頑張れば登れるものなんですね。

20171119IMG_0286
急登の入り口まで降りてきました。
これで実質登山は終わりです。


20171119IMG_0287
水の音が聞こえました。
あの、水場からの水がこんな立派な流れになるんですね。

20171119IMG_0291
たった800m程度の標高差を下ってくるだけで、沢がりっぱな渓流に育つのですね。


20171119IMG_0304
武甲山名物のスノコ渡りを終えると、本当に登山が終わります。


20171119IMG_0308
あの沢がこの大瀑布に・・・・。
そう思うと、感動してしばらくこの滝から動けませんでした。


20171119IMG_0309
ちょっと心配してたけど、バイクはキチンと待っててくれました。

20171119IMG_0313
14:00
武甲山の登山を終えて、やりきった感の一枚です。
そうそう、この帽子はこの登山に向けて前週に買ったばかりだったりします。

その1で書きましたが、標高があと300m高かったら、もっともっときつかったろうなーと思います。
標高差800mというのは、かなり体力を使います。
これがあと300m高かったら1000m越えなわけで、登山は標高よりも標高差が大事なんだな、と思いました。

この期、着替えたり荷物まとめたりと30分位かかり、17:00に帰宅しました。

登山、少しずつはまりそうです。


ステップアップ奥武蔵・秩父・奥秩父 (山歩き安全マップ)

新品価格
¥1,404から
(2017/12/3 20:55時点)

山と高原地図 奥武蔵・秩父 武甲山 2017 (登山地図 | マップル)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/3 20:56時点)

首都圏1000kmトレイル1 詳しい地図で迷わず歩く! 奥武蔵・秩父354?

新品価格
¥1,620から
(2017/12/3 20:56時点)

てくてく巡礼~秩父札所三十四ヶ所観音霊場&三峯神社~

新品価格
¥1,620から
(2017/12/3 20:56時点)