2017年5月2日~6日 GWのロングツーリングに行ってきました。

その7
5月4日 後編

12:00

潮岬に到着。
M女史は潮岬で雨に降られた、と言っておりましたが、私はなんとか降られることなく到着。
ただ、今にも降り出しそうな雲です。


路面を見ると、さらりとこんな案内がありました。
いいねこれ。

ライダーは端を目指す習性がある、なんて言いますけど、私は「再◯端」には全然こだわりません。
結果的に過去のツーリングなどで、ちょいちょいと端は訪れてはおりますが、
メインの目的地にして行くようなことはあまり無いのです。
ただ、この潮岬は普通の目標として目指しやすい&最南端というポイントではありますね。


さて、興味は無いなんて言ってもせっかくなんで、
ちょっと本州最南端というのを味わってみましょうか。
なんだかんだ言って、結局行くんかよ!おれ。


天気が悪く、ちょうど前線が通過しているような感じでしたので、
風が強かったのがあいにくでしたが、広々とした芝生広場がいいですね。
いろんな人が自由に散策しておりました。
晴れてたら最高だったろうなー



知ってはおりましたが、この広場にキャンプ場があるんですよね。
確か無料じゃなかったっけかな?だからなのか、かなりの繁盛ぶりです。
ただ見た感じから、車やバイクの乗り入れは不可の様子ですね。
この時は風も強かったので、ここを今回キャンプ地に選ばなかったのは正解だったかな~。

※今調べたら、GWと夏休みは有料 ¥600(ソロ)だそうです

ちなみに国道を挟んだ方には、ライダースハウスもありますよね。(写真無し)

写真にレンズの水滴が写り込んでおりますが、このあたりからポツポツと雨が降り出しました。



最南端の碑。
この奥に見える、最南端の岬を覗き込んでみます。



天気が悪いのが残念です。
ん?
水平線、すこ~しだけ地球が丸く見えますかね?



こちらにも記念碑がありましたので記念撮影。
この撮影する前に、小さい子供を連れた家族連れがやはりこの碑をバックに、
三脚とセルフタイマーで記念撮影を撮ろうとしていたのですが、
タイマーの最中にこの強風で三脚が倒れ、一眼がガシャンとなっちゃってました。
ワタシもとっさに三脚に手を伸ばしたのですが、間に合いませんでした。
かわいそうに。。。


バイクを停めた方を見ると、こんな感じ。
かなり広い広場です。
このエリアはキャンプしちゃダメなんでしょうね。



潮岬タワーで記念撮影。
青空が見えてますが、雨は止むこと無く落ちてきていました。


こんな感じの、小さい粒の雨ですが。
これくらいだと、たいして濡れる事はないんですけど、なんだか焦っちゃって
ゆっくり観光する気になら無くなっちゃいますね。

ということで、潮岬を出ます。

12:40

道の駅くしもとに来ました。
言わずと知れた橋杭岩を見に来ましたよ。


おお。なるほど。
夕焼け時を狙って、ここでキレイな写真取ってる人多いですよね。



今回は時間の都合でパスした、潮岬から橋で繋がってる紀伊大島が見えました。
次回は是非行きたいですな。


あれ?
10分位の間にバイクがわんさかと増えました。
アメリカン多いな~。
ちなみに私はアメリカンにはまったくもってうといので、国産とハーレーの違いさえも
良く知りませんし、見分けも付きません。
HONDAのスティードなんて、まだあるもんだと思ってました。

ちなみに、私の知っている国内4大メーカーのアメリカンの車種リスト
HONDA スティード マグナ
YAMAHA ヴィラーゴ
KAWASAKI バルカン エリミネーター
SUZUKI イントルーダ

ベルト駆動=ハーレー
以上です、異論は認めません。
ちなみに、仮にこれらの車種の写真を見せられても、
メーカーのエンブレムが見えなければ、見分けが付かない自身ありありです。


さて、橋杭岩も早々に切り上げて走り出した所、すぐにホームセンターを見つけたので寄りました。


訳あって、ロープが欲しかったんです。
荷物になるので、こんなには要らなかったのですが、これしかありませんでした。
ロープが欲しかった理由は、この記事の後で解ります。


しかし、随分海っペリにあるホームセンターだな。
商品に塩とか波の害が無いのか、余計なお世話ですが心配になりました。


ここで、いよいよ諦めてレインコートを着込みます。
結果的にこの後は降ったりやんだりでしたので、良いタイミングでした。

レインコートを着て、すぐに雨が降ると「よっしゃ!判断良かったぜ!」と気分良くなりますが、
逆に30分程しても雨が降らなかった場合、すごく損した気分になって、
即レインコートを脱ぎたくなる衝動にかられませんか?
私だけですか?

13:30

次の目的地だった那智の滝のふもとまで来ました。
この写真の奥に見える山が那智の滝がある那智山ですが。。。どう考えても降ってますね、これ。


どうするか考えるために、とりあえずコンビニで遅いお昼を取ります。
この歳でコンビニの駐車場に座り込んで弁当を食べるのは、まあ車とちがって、
空間はないバイクなので仕方がないのですが、やはり少々恥ずかしいものがあります。
出来れば座って食べられるお店で、ゆっくりと優雅に食事をしたいものです。
が、地方だと、都合よくそんな店が見つからないことだってあるんだよー!

この食事の直後、雨が完全な本降りになったこともあり、那智の滝は明日に持ち越します。
今日はここから新宮にあがり、新宮にある熊野速玉大社で御朱印を頂いた後、
買い出しをしてキャンプ場を目指すことにしました。
明日はまた戻ってくる形になりますが、朝イチで那智に来ることにしました。


タンクバックにレインカバーを掛けて、那智勝浦新宮道路へ。
このブログで、私がタンクバックにカバーを付ける時は
「この雨はやべえな」
と、かなり本気で思ってるときとお考え下さい。
これに加えブーツカバーまで装着してた場合には、私の中での大雨警戒レベルがMAXです。



那智勝浦新宮道路は高速道路かと思いきや、国道42号線のBPの様子。
一気に新宮まで走れます。
こりゃ便利。


たぶん、キャンプ場は向こうの方向なんだけど、大雨。。。だよね。。。。

さて、那智勝浦と新宮はお隣なので、すぐに那智勝浦新宮道路を降りて
新宮の街中を熊野速玉神社に向かって走ります。
しかし、この雨もあってか新宮の街中は激混みでした。


タンクバックにレインカバーを掛けると、マップやスマホナビが見づらい・・・
お陰で、こんな道に迷い込んだりして苦労しました。
この道バイクで走って良かったんかな?

14:45

そんなこんなで土砂降りの中、なんとか熊野速玉神社に到着。



駐車場に停めて、御朱印を頂きに行きます。


旅に傘は欠かせない。
もうボロボロですが、折りたたみの中でも小型のものをいつも忍ばせております。
こういう観光時に大変重宝するのです。



雨なのに以外と参拝客が多くてびっくりです。
写真からも雨の具合が解って頂けるかと。




最近は世界遺産も多くなりすぎて、あまりありがたみが無くなりましたね。
私は世界遺産だからって来てるわけでもないしねえ。





雨に煙る神社というのは画になるなあ、と私は思います。
朱がとても鮮やかに見えるから。


IMG_20170928_221936
この日頂いた御朱印。
お隣の神倉神社のものも頂きました。
ちなみに、雨なので神倉山への参拝は早々に諦めております。
P5040178
この岩の上が神倉神社で、熊野信仰発足の地と言われております。

さて御朱印も頂いたので帰ろうとしたら、神社の駐車場の誘導員に、
この雨の中で神倉神社に登ると危ないかどうか、熱心に聞いている御仁に遭遇。
話しかけたら、今日のキャンプ地が私と同じ「渡瀬緑の広場キャンプ場」で、
しかも彼はそこに何度か行ったことがある、という事なので、一緒にというか、
私はそのキャンプ場に行ったことないので、キャンプ場まで誘導してもらうことにしました。


その彼の関西ナンバーのスーパーテネレ。
以前はBMWのGSだったとか。


まずは二人で新宮のイオンに食材を買い出しにきました。
いやー、しかし降ってること降ってること。

15:45

その後は彼の先導で歌瀬キャンプ場へ。
お互い走るペースは合ってたので、走りやすかったです。


17:15

一時間半ほどで、歌瀬キャンプ場の受付へ。
ここはまだ雨が降ってませんでした。


確か620円+110円払ったような気がしますが、620円だけだったような気もします。
まあ、どちらでもあまり変わりませんが。。。




フラットな元テニスコートのようなサイトも惹かれましたが、これから降るであろう雨を考えると、
翌日の撤収時にドロドロになりそうなので、辞めました。


結局、サイトの外のようなハズレた場所に設営することにしました。
あまり管理されてない草サイトですね。


この時まだ雨が降っていなかったので、とても助かりました。
実は、今まで土砂降りの中の撤収はあっても、設営って経験無いんですよね。
土砂降りの場合橋の下とか、小さいトンネルとか探して、その中で設営したりしてるので。


実はステイシーⅡの欠点である、ポールジョイントのネジを
今朝の生石高原キャンプ場で無くしてしまい、それで苦肉の策で
仕方なくホームセンターでロープを買ったのです。
ポールジョイントがネジが無いせいで外れてしまいますので、ロープでガチガチに固定します。
ロープワークとか知らないので、やみくもに結んでいます。
でたらめに、とも言いますが。

この作業を雨の中やってたら、かなりテンション下がったでしょうから、
雨が降ってなくて本当に良かったです。

このロープワークは、最終宿泊の明日も行わなくてはいけないワケで、
これこそ己の工夫で乗り切るキャンプ旅の醍醐味っつーか、ただ単にめんどうなだけというか。
しなくて良い苦労というヤツだよ。これ。

18:30

まあ、それでも無事に設営できるのがベテランでしょうかねー(自画自賛)
と同時に、雨がテントを叩き出し、一気に土砂降りになりました。
しかし、テントの中とっちらかますな、お恥ずかしい。
まあ、あまりブログに載せないだけで、いつものことなんですけどね。


テネレの彼とは、お互いソロ同士特有のある程度の距離感と他人感で離れております。
また、彼はお風呂に行ったようですが、私はこの雨の中出るのは嫌なので、
この日のお風呂は諦めました。
雨の中走ったし、テント内もムシムシしてるのでサッパリしたかったけどねー。


珍客もいらっしゃいました。
アマガエルじゃないっぽいな、と思い調べたら、ダルマガエルという種類のようです。



19:30

夜になり雨が小降りになったのを見計らい、テネレの彼のサイトでおしゃべりしに言って、


そこで彼お手製の焼きうどんをごちそうになって、1時間ほどでお開きにしました。
(写真汚くてごめん)


こうして、和歌山市~潮岬~新宮の1日が終わりました。
新宮っていう町の名前の響きがいいよねー。