2017年5月2日~6日 GWのロングツーリングに行ってきました。

その5
5月3日 後半 龍神スカイライン~和歌山市~生石高原


龍神スカイラインは景観こそ望めませんが、とても楽しいワインディングですね!
車だと、ちとタイトすぎて厳しいかな。
ですので、バイクで来てこそ楽しめる道ですね!
とても楽しくて、結構なハイスピードで駆け抜けました。
この道があるだけで、紀伊半島が近いライダーは羨ましい!

10:00

ごまさんスカイタワーに到着しました。


まだ、バイクは少な目でしたね。



せっかくなので、300円支払って、老朽化が痛々しいごまさんスカイタワーに登ってみます。

エレベーターで登ります。


そのスカイタワーからの景観。








諸兄、いかがでしょうか。
ごまさんスカイタワーからの絶景をお楽しみ頂けたでしょうか。

・・・300円返してほしい。


気を取り直して、本日はやや無茶な道程で、ここから和歌山市を目指し、
お昼は地味に有名な(?)和歌山ラーメンを食します!

まずは、一気に龍神スカイラインこと、国道371を南下します。

途中途中、景色の良いところでは写真を撮ったりします。



一旦国道425に入り、福井トンネルを抜け・・・
国道424で今まで南下した緯度を一気に北上して和歌山市を目指しました。



椿山ダムのヤッホーポイント。
日本一美しいやまびこが返ってくるそうです。
子供連れの親子が頑張って「やっほー」言ってましたぜ。

時間的に苦しくて、国道424で和歌山市南部まで北上したところで国道370へ折れ、
阪和自動車道の海南東ICから一区間だけ高速に乗っちゃいました。


12:30 そんな道筋で和歌山IC到着。





ミシュランのパイロットロード4に変えてから、初めての本格的ロングツーリングでしたが、
いや、しかしこのタイヤ素晴らしいですね。
フルパニアの重量でキャンプ場の未舗装や荒れ地を走っても、それなりにグリップするし、
ブリブリに攻めれるこのルートで、一応(フル積載で車重下がってることもあり)
バンクセンサーを擦る位は傾けてたのですが、それでもガッチリとコシのある接地感があって、
とても気持ち良いです。
フルパニアだと、マスが幅方向に分散するからでしょうか、バンク時のバランスが悪く、
リアタイヤの接地感がやや薄くなる傾向がある気がするのですが、
このタイヤはそれをあまり感じませんでした。
まさに、デュアルパーパスにふさわしいタイヤですね!

改めて当日のタイヤの写真を見ると、ややハイグリップタイヤのような溶け摩耗もしてます。
このあたりの絶妙なバランスが、売れてる理由なのでしょう。



さて、和歌山城の脇を抜けて向かったのは。。。


和歌山ラーメンでも有名な「ひしお」
このお店は「純粋な」和歌山ラーメンでは無いみたいですが、美味しいというのでチョイスしました。
美味しければ、純粋でも純粋じゃなくても気にしないよね!

結構な混み具合です。
普段は並ぶ位ならそのお店をキャンセルしちゃうのですが、今回は自分でも珍しく並びました。



吟醸湯浅醤油ラーメン 650円 
大盛りにしたかもしれません。

相変わらずおっさん独り席なのに、ブツブツ独り言を言いながらカメラで写真撮りながら食べます。
たまに「美味いなあ~」と結構な声量でつぶやいちゃったりしたら、
隣席の若い女性グループがビクッとしたりするので恥ずかしい。

いいや、でも美味しかったです。


食べ終わったのは14:00でしたが、まだ行列が残ってましたし、まだ新規の来客がありました。
人気ありますね。



さて、県庁所在地の割に比較的走りやすい和歌山市を抜けて、キャンプ場を目指します。



国道370号を和歌山市内の南の、先程阪和道に乗った海南東ICの方向に向かい、
IC乗口を越したところにあった、スーパーオークワで夕飯の買い出しを行います。



途中から右折し、一気に山道へ入っていきます。



16:00
本日のキャンプ地 生石高原キャンプ場に到着です。


和歌山市からさほど離れていないのに、高原なのでこの景色を満喫できます。
ざっくりと大阪方面かな。


これは、紀伊水道~大阪湾かな。

受付をして設営もそこそこしたら、受付で教えてもらった、
バイクで15分ほど走った場所にあるお風呂へ急ぎます。


しみず温泉 健康館

日帰り入浴料金は600円でした。
こんな山奥のくせに高いな・・・と思ったら、お湯は良かったです。

ま、あまり暗くなるまで入ってると湯冷めするので、駆け足で入浴を済ませます。


やー、間に合った!
サイトはこのように、こじんまりとして狭いです。
ワタシの両隣サイトはバイクソロ二人と、空きでしたので助かりましたが、
ファミキャンに挟まれると辛いですよね。

ちなみに、トイレは写真右に切れてる高台の上にあり、やや不便。
また、バイクソロは510円と格安ですが、ゴミは持ち帰りです。
有料なんだから、ゴミは引き取って欲しい。

まあ、残念ですが景色とバイクソロ金額以外は、平均点以下のキャンプ場であることは否めません。



さて、夕飯までゆっくり夕陽写真の練習でもしよう。


シルエットを上手く生かせる写真に憧れます。
できないけど。


暮れゆく紀州、紀伊半島。



RAWで撮影しないので、ワタシにはこのくらいが限界です。



ああ~今日はよく走ったなあ。


サイトを見ると、隣サイトで同じ会社の仲間と見受けられるライダー二人が、
楽しそうに宴会を始めています。
ちょっと話をしたら、おふた方とも地元なんだそうで。
地元にこんな景色の良いキャンプ場があるなんて、羨ましい。
でも、その割には夜の高原特有の寒さにかなりやられてましたが・・・



夕陽を紅く撮影してみました。


いよいよ日没です。


とても楽しい撮影会でした。
朝日と夕陽は何回撮影しても飽きません。



さて、テントに戻ってワタシも独り宴会を開始したいと思います。
目の間に愛車がある幸せ♪



本日のディナーメニュー
「またおでんか、お前。ホント飽きないな」
とは言わないお約束でお願いしますw
これしか作れないし、冷える高原の夜には最適でしょ?


ケロシンランプ・ザ・マイ・マストアイテムに灯を入れて。。。



いっただきまーす!



おほほほほほ(*´∀`)おいすぃいいいいい


寒くなってきたら、フルクローズすればケロシンランプの熱でぬくぬくです。
ステイシーⅡは前室が広く、これが出来るから手放せません!
(酸欠注意です!)



〆はおでんにうどんを投入!
って、あれ?汁が少ないですが?
まあ、それもご愛嬌です。


夜中トイレに起きたら、すごい夜景でした。
この景色を見るだけでも、このキャンプ場に来る価値ありますね。

また、空を見るとものすごい天の川もくっきりと見えましたが、
寒いのと、呑みすぎてやや頭が痛かったので、
三脚とカメラを持ち出して撮影する気力が出ませんでした、、、すいません。

このキャンプ場に行かれる方は、是非星空撮影をトライしてみてはいかがでしょうか。
ワタシも次回行ったらトライしてみようと思います。

つづきます。