JOGのメンテナンス 後半戦です


20170626P3120342
実は今回のメインはここ。
足を置くステップ、というかシートの根本。
ココに何があるのか、開けてみましょう。

20170626P3120344
ココを開けるためには、トルクスとかヘクスローブと言われる、
一般的にはまだあまり馴染みのない工具が必要です。
でも、工具はホームセンターで売ってるよ。

20170626P3120348
御開帳~♪
汚い・・・

20170626P3120349
実はJOGのここにはバッテリーが配置されております。
今回、このバッテリーもあがってしまったので交換するのです。

20170626P3120350
置いてあるだけの中蓋を取るとバッテリーが完全に見えます。
バッテリーはネジなどで固定されている訳ではなく、ここにすっぽりハマっているだけ。

20170626P3120352
バッテリーの奥で、シート下の収納のさらに下にあたる部分にエンジンが鎮座しております。
JOGは水冷SOHCエンジンですね。
あとで、ここのプラグ交換もします。

20170626P3120383
バッテリーの交換をしましょう。

コードを外すために2番(大きさ・中)のプラスドライバーが必要です。
20170626P3120390
このサイズのドライバーは家電からバイクまでと、使用頻度が大きいので
1,000円位のものを一本揃えておくと良いですよ。


マイナス(黒いコード)から外します。
プラス(赤いコード)側はマイナスを外した後に外します。

20170626P3120384
心配なら、外したケーブルの先にこのようにテープを巻いておくと、ショートを防止できます。
ちなみに、ショートの危険度に電圧はあまり関係ありません。
オーム(Ω)の法則を覚えておりますか?
V(電圧)÷Ω(抵抗値)=A(電流)
です。
ショートの場合、ほぼΩ=0に成るため、理論上では無限大のA(電流)が生じます。

難しい?では、計算してみましょう。
バイクのバッテリーの電圧は12Vです。
これを上のΩの法則で計算してみます。
Ω=6の場合 12V÷6Ω=2A
Ω=1の場合 12V÷1Ω=12A
Ω=0.1の場合 12V÷0.1Ω=120A
Ω=0.01の場合 12V÷0.01Ω=1,200A
Ω=0.001の場合・・・・12,000A
と、抵抗が小さくなるにつれて、発生する電流が大きくなることが解りますね。
ショートというのは、プラスとマイナスが直結してしまうことで、抵抗Ωがほぼゼロになるため、
流れる電流が無限大になる可能性があるのです。
(12V÷0.0000000000000000000000000000000000000001Ωの場合の電流値Aは?ということです)
ですので、12Vとタカをくくらずに気をつけて作業します。


20170626P3120386
なお、バッテリーの使用時期については、このように本体に書いておくとよいです。

20170626P3120388
バッテリーの入る場所を綺麗に掃除して、新しいバッテリーを設置します。
繋ぐ時にはプラスからです。
プラスを繋いでからマイナスを繋ぎます。
このバッテリーのネジ部は、亜鉛鋳物(ダイカスト?)なので強度があまりありません。
ネジを締め込む時にぐいぐいやるとバカになってしまいますので、適当な所で良しとします。

20170626P3120389
最後にコードを綺麗に織り込んで、バッテリー交換終了です。
写真撮ったりしなければ、5分で終わります。


さて、ではプラグ交換にとりかかりましょうか。
先程の写真のこの赤丸部のケーブルが、プラグにつながってるケーブルになります。
20170626P312035211


これをグリグリ廻しながら外します。
20170626P3120355


ちょっと力が要りますが、はまってるだけなのでこんな感じで抜けます。
20170626P3120356

外れたエンジン部分を見るとプラグが見えます。
20170626P3120357

プラグレンチの出番です。
バイクに使用する場合、一般的にはスクーターでも大型でも対辺16ミリサイズとなります。20170626P3120361


これは根本がある程度曲がる形の物で、このように奥深い場所のプラグを外すのに便利です。
20170626P3120363

こんな感じ。
20170626P3120359

こうやって廻してます。
20170626P3120364

外したプラグです。
ちょっと汚れてますね。
「良くプラグはキツネ色に焼けてるのがベスト」などと本に書かれておりますが、それは昔の話。
今は排ガス規制が厳しい為、混合気をやや薄めにインジェクションで調整し、
なおかつその混合気を高温で燃やすことで、排ガスをクリーンに保ち規制を通しております。
その為、プラグは灰色~白っぽい色になり、これで正解です。
昔の本でいうところの「ガソリンが薄い状態」ってやつですね。
20170626P3120366

真横から見ると、だいぶ減ってるのが解ります。
20170626P3120367

新しいプラグと比較すると良く解りますね。
20170626P3120368

プラグはノーマルのものをそのまま使います。
NGK CR-7Eです。
20170626P3120353
FI全盛期の今、プラグをイリジウムとかに替えると返って悪影響だとか言いますので、
もともとはイリジウム派だったのですが、ここ最近はノーマル派に趣旨替えしました。


トルクレンチを使わず手で締める場合に、プラグを締める角度というのが決まっております。
詳しくはNGKのサイトで確認してください。
指定のトルクの値が小さすぎて、手持ちのトルクレンチは使えない為、私は手締めでございます。
20170626P3120375
ラチェットを廻さない手で、このようにある程度目安の角度を決めて

20170626P3120376
そこまで回し込む方法で私は取り付けてます。
また、上のNGKサイトでは90度とありましたが、プラグの外箱には60度と書いてあったような・・・
スクーターということもあり、私は60度で締めました。
まあ角度は目見当ですが・・・
(この作業は3月で、記事を書いているのは7月末ですが、その間毎日通勤で乗って問題ないです)


ここを開けたついでに冷却水も補充しておきましょう。
20170626P3120377
前述の通りこのJOGのエンジンは水冷ですので、冷却水(クラーント)が必要です。

下線カツカツでした(*´Д`*)
20170626P3120378

ホームセンターで売ってる数百円のクーラントで十分でしょ。
20170626P3120380

薄めないで原液をそのまま入れます。
20170626P3120381


そして、スクーターにも、TRACERにも定期的に入れているこれ。
20170626P3120409
JOGで以前に、カーボンを噛み込んで圧縮が抜けてエンジンが掛からない症状が出たため、
それ以来おまじない的な予防で必ずこれを入れてます。
まあ、TRACERは必ずハイオクを入れてますし、そのハイオクには各メーカーがこれと同様のエンジン洗浄剤を配合させますので、わざわざ改めてこれを入れる必要は無いのかもしれませんが。
ちなみに、車には何も入れてません(๑´ڡ`๑)

20170626P3120407
ガソリン5Lにつき15ml添加します。
JOGは満タンで4.2Lなので、満タン時に計算上で12mlの添加です。


あとはピカピカに洗車して終わりです!
冬~春先は水が冷たいので、どうしても洗車をさぼりがちになりますよね!
20170626P3120405

もうムキになって、樹脂部は新車の如く再現します!
20170626P3120400

20170626P3120401
汚かったステップだって、この通り!

20170626P3120398
その大容量さだけでなく、スクエアな形状が使いやすくてお気に入りのGIVIボックス(多分中華製)も
ビカビカにします!

あまり綺麗にすると、最初に乗った時に靴の裏の足跡付くので凹むんですがね。。。(´・ω・`)
20170626P3120411


ということで、JOGのメンテナンス終了です!

210mmエクステンションバー付き マグネット仕様 16mmプラグソケットレンチ WHSDJ0003 [並行輸入品]

新品価格
¥860から
(2017/7/30 10:40時点)

>
大橋産業 OHASHI/イグニッションプラグレンチスタンダードシリーズ
大橋産業 OHASHI/イグニッションプラグレンチスタンダードシリーズ

ベッセル(VESSEL) スーパークッションドライバー プラス2×100 No.700

新品価格
¥405から
(2017/7/30 10:42時点)

KTC ケイティーシー/木柄ドライバ クロス 貫通タイプ
KTC ケイティーシー/木柄ドライバ クロス 貫通タイプ

ヤマハ(YAMAHA) ヤマルーブ ガソリン添加剤 PEAカーボンクリーナー 100ml 90793-38034

新品価格
¥1,012から
(2017/7/30 10:43時点)

NGK ( エヌジーケー ) 一般プラグ (ネジ形/ターミナルなし)1本 【4578】 CR7E

新品価格
¥441から
(2017/7/30 10:45時点)

WORKPRO 8PCドライバーセット

新品価格
¥1,498から
(2017/7/30 10:45時点)

WAKOS ワコーズ/VAC バリアスコート
WAKOS ワコーズ/VAC バリアスコート