突然ですが、私は1月が誕生月です。
ということは、自動的に私の自動車免許証の更新の時期は年末年始だということになり、
そしてそれはこの12月~でした。

「でした」と過去形なのは、11日(日)に無事に更新を終えたからですヽ(*゚∀゚)ノ<オメデトー
英語で言うところの"I renewed today."です!

IMG_20161211_133805
ま、まあ、120分間の講習という、特別好待遇コースでしたが。。。。

で、たかが免許証更新の、なにがそんなにうれしいのかと言いますとね。
私、視力検査が苦手なんです。
そう。
深視力検査が。

普通自動車や二輪免許しか所有していない方には馴染みのない、この言葉。
「しん・しりょく・けんさ」と読みます。
普通の眼鏡屋の店員でも、この検査を知らない人が多いです。

大型自動車と二種免許を所有している人は、通常の視力検査に加え、
この深視力検査というものが必須項目なのです。
もちろん、この検査に合格しないと免許は更新できません。

どういう検査かと言いますと。。。
DSC_2746
こういう機械で測定します。
この機械の窓から見える三本の黒い線を見る検査です。

もうちょっと説明します。
f0051814_395690
この三本の棒のうち、真ん中だけが上記のように前後にスライドします。
動く速度もこのgifよりちょっとだけ遅い感じです。(前後のスライド量はもっとあります)
この真ん中の棒が、左右の棒と一直線に並んだ時にボタンを押せばOK。
正解とする棒に範囲は、真ん中を中心に±20ミリ以内となっています。

ただし一回正解するだけではだめで、行ったり来たりのうち三回連続で正解しないと合格しません。
「連続」ということは、真ん中の棒の動きが、行って・返って・行って、の連続ということです。
(または、返って・行って・返って、の三連続)

ただし、見えるのは上の写真のように三本の棒の腹部のみで、棒の先端と根元は見えません。
すなわち、固定されている左右の棒と、動いている中央の棒とを見比べて、
自分の目のピントが三本同じになった時が正解となります。

が、これが超難しい。
ネットで探ると私以外にも苦手な人は多いみたい。
かくいう私も一回で合格した事は無く、毎回の更新の度に憂鬱でした。

なので、今年はバッチリ対策を練っていきました。
今ではインターネットなんていう強い味方もありますしね!
そのネットでコツをググりまくって、youtubeの動画でシュミレーションもしました。

結果、一発でクリア!

苦手な方に私がとった方法をお教えしましょう。

まず左右どちらかの棒だけをとにかく「凝視」します。
この時に真ん中の棒は一切見ません。
そして目のピントをどちらかの棒に固定できたら、真ん中の棒に意識を向けます。
視点は写さないように、視界の端に見えている真ん中の棒を意識するイメージです。
この時、真ん中の棒が遠くても近くても、二重に見えたりして、かなりピンボケしているはずです。
そのまま、左右どちらかの棒から視点を離さずに、真ん中の棒のピンボケが収まった時、
理想を言えば、視点は固定してるところに真ん中の棒がピンボケなく写り込んできたら、
そこが正解ポイントです。

すかさず、素早くチラチラと真ん中と左右の棒を見比べて、違和感なかったらそこでボタンを押しましょう。

イメージをつかむ練習としては、両手を適当に前に出して人差し指だけを立てます。
どちらか片方を固定側として凝視し、その隣でもう片方の指を移動させます(こちらの指には視点を向けない)
その時視界の端見える移動側の指は、固定側の指から遠くても近くても、かなりピンボケするはずです。
(というか、そう見えるように頑張ってみてください。)
逆に隣に並ばせると、無理なく両方ピントが合うはずです。
これでイメージを掴むと良いかと思います。

深視力検査に負けないで行きましょう!


で、帰ってから年賀状を作成しました。
2017年賀状ー1
其の1 今年のGWの阿蘇山です。

2017年賀状ー2
その2 今年秋のメタセコイア並木です。

毎年二種類ほど作って印刷します。
出すのは20枚くらいしかないんですけどね。

写真の出来はメタセコの方が良いんですけどね。
まあ、色々と考えて熊本も採用しました。

昔はギリギリまで年賀状を作らなかったんですけど、年々早く作るようになってますね。
こういうのも歳とったからなのかなあ、なんて思います。

ということで、みなさん残り少ないこの一年をお幸せに!